リハビリを始める心得

女性と介護士

状態に応じた目的や活用法

脳梗塞の後遺症として、体の半身麻痺や高次脳機能障害と呼ばれるものがあります。どちらも、脳の梗塞が生じた部位により、出現頻度や症状は異なります。中でも、リハビリの対象となる障害が体の半身麻痺による運動機能障害、脳の損傷に伴う高次脳気障害が挙げられます。これらの障害に対して主に3つに分けられる専門職により、治療訓練が行われます。リハビリの専門職として、体の運動機能を治療する理学療法士、生活機能の向上に関わる作業療法士、言葉や飲み込み、行動障害を訓練する言語聴覚士があり、どの職種も医師の指示のもと患者に対して治療訓練を行うことが出来ます。脳梗塞の後遺症が生じた場合、早期からの治療が必要です。

異なるリハビリ内容

脳梗塞の後遺症は、急性期から維持期にかけて行われ、それぞれの時期によってリハビリの内容は異なります。特に急性期では状態が不安定な事もあり、ベッド上での訓練から始まることが多いです。病状の急性症状を脱し、安定して来た頃に、回復期リハビリといわれる病院や病棟に移動になることがあります。そこで行われるリハビリは生活全般が訓練であり、治療です。その為、座る動作や歩く動作から食事、トイレ、入浴等における日常生活に必要な動きを集中して訓練します。また、脳梗塞の後遺症として麻痺が生じた場合でも、車の運転や職業復帰に取り組む施設も年々増えています。

社会復帰への道

脳梗塞の後遺症が残存し、手足の麻痺や言葉の障害が残存することは少なくありません。その様な方が維持期を過ぎた場合はどうなるかという事を不安にされる方が多いのが実情です。近年では、医療保険から介護保険への移行がスムーズに行えるように多くの専門職で情報共有を密に行い、連携をとる仕組みが出来ています。その為、脳梗塞の治療が一段落し、病院を退院した後も、住み慣れた在宅でリハビリを受けながら、自立支援に向けた取り組みを継続することは可能です。特に在宅に帰ってからの方が、体の動きや生活面の介護負担が減り、元気になられる方も多くなっています。地域の特徴に応じたリハビリを提供している自治体も増えています。