元の体を取り戻すために

施設

知っておきたいこと

脳梗塞のリハビリテーションには、急性期、回復期、維持・生活期の3つの時期があり、それぞれの段階に合ったリハビリを行う事が必要不可欠です。以前までは脳梗塞を発症した後はなるべく安静にしておくべきだといわれていましたが、近年はなるべく早くリハビリを行う事が重要とされています。急性期は関節の動きが制限されないようにするなどのように、それぞれ時期によって目的が違うという事を覚えておくとリハビリを効果的に行えます。

すぐに始めましょう

脳梗塞のリハビリはいつ始めればいいのかという疑問を持つ方は多いでしょう。過去には発症後は安静にするという考え方が一般的でしたが、近年はなるべく早く始めるべきという考えが一般的になっています。それには理由があります。実は、リハビリを始める時期が遅いと関節の動きが鈍くなってしまうからです。一度鈍ってしまうと再度自由に動かせるようになるまでに時間がかかったり、動かなくなってしまったりする可能性があります。だから、脳梗塞のリハビリは早く始めることが重要です。

目的を理解しよう

急性期に行うリハビリは身体機能の低下を防ぐことを目的とします。離床訓練やストレッチ、ADL訓練が行われます。回復期では、脳梗塞の症状の改善に加えて復職の訓練など、より生活機能を高めるためのリハビリが行われます。電気やボツリヌスを使用するようなものも行われます。維持・生活期は主に患者の自宅で行われます。自宅で行う理由は、通常の生活訓練を行うためです。杖や車いすを使用して積極的に外出することもこの時期の脳梗塞のリハビリでは欠かせないものです。